障がいをお持ちの方にもダイビングを!ー出展者インタビュー

Diving experience for people with disabilities

出展者情報

Please scroll down for English translation.

今回は東京都武蔵野市、吉祥寺にお店を構えるトラウムスクーバの代表、吉野さんにお話を伺いました。

細谷
細谷

まずはお店について教えてください。

吉野
吉野

2017年の11月にオープンしたので今年で4年目に入ります。
「都会にいながら海を感じられる」ということをコンセプトに、アットホームなお店作りを心掛けています。

細谷
細谷

ちょっと…色々な場所で見かける「お店の特徴」なんで、もう少し、お願いします(笑)

吉野
吉野

アットホームという点に関しては、お店をオープンする時「アットホーム感は出さない方が良い」ってアドバイスを下さった方もいました。
でも、ダイビングを楽しむうえで、少なくとも自分はアットホームなことも重要だと思っているので、重要視するようにしています。
もちろん、お客様それぞれの好みもあって、アットホームなお店が苦手な方もいらっしゃると思いますが、そこはお店の色ということで。

細谷
細谷

吉野さんは経歴も少し変わっていますよね?

吉野
吉野

都市型なのに現地での経験が豊富だとは自負しています。

細谷
細谷

確かドイツでプロサッカー選手だった時代もあったり…改めてダイバーとしての経歴を教えてください。

吉野
吉野

ああ、そっち!?(笑)
プロダイバーとしては座間味島からスタートしました。当時は若かったこともあってサッカーへの夢が捨てきれず、一度ドイツへ。クラブチームと契約していました。もちろんドイツでダイビングはしていません。(笑)
帰国後、石垣島のうなりざき石垣店で再びダイビングの仕事に戻りました。その後、葉山のNANAさんに移ったのですが、その時に女川(宮城県)のハイブリッジさんから猛烈なお誘いを受け、NANAさんからの勧めもあって女川でガイド、そのあとこの店をオープンしました。

細谷
細谷

南の海でのガイド経験がある方は一定数居ますが、南も北も経験している人はなかなかいないかもしれませんね。

吉野
吉野

そうだね(笑)色々な現地の海で経験を積めたおかげで、写真の撮らせ方だったり、生物の見せ方に関しては自信を持っています。

細谷
細谷

何かお店として力を入れていることはありますか?

吉野
吉野

まだまだこれからなのですが、障がい者ダイビングに力を入れています。
石垣時代、耳が不自由な方や足が不自由な方の対応をさせて頂いた時、受け入れ先が全然ないという悩みを聞いたことがきっかけに、興味を持つようになりました。

細谷
細谷

なるほど。

吉野
吉野

自分でお店を持ってから改めて調べてみると、障がいをお持ちの方へのサポート方法などが確立されていない事実が分かったのですが、同時にそれを確立させようとしているHSAの存在を知り、今も深く関わらせてもらっています。
最初、目が見えない人はダイビングなんか出来ないと思っていたのですが、大きな間違いだと気づきました。

細谷
細谷

耳が聞こえない、というのは水中であれば障がいも何も関係ありませんが、目が見えないというのはハードルが高い様な気がしてしまいますね。

吉野
吉野

それが、尊敬を込めて言うと「イマドキの全盲の人」って本当にすごいんですよ。僕らなんかよりはるかにアクティブです。
ダイビングだけでなくサーフィンをしたり、ボルダリングをしたり。スマホだって使いこなしているので、普通にメッセンジャーで会話もするし、facebookに写真だってUPしてるんですよ。

細谷
細谷

写真ですか!?

吉野
吉野

(写真を見せて)ほら。アクティブに楽しんでいることを、アクティブに発信しているんです。
そんな方々にも是非ダイビングを楽しんでもらいたいのですが、受け入れ先がなくては楽しんでもらえないので、もっともっと頑張らなきゃなと思っています。
受け入れる側も「障がい者ダイビング」というとハードルが高く聞こえてしまいますが、出来ることから少しづつやってもらえればと思っています。

細谷
細谷

テクニカルダイビングに少し似ているかもしれませんね。
以前テクニカルダイビングの指導団体の方と話した時、皆さんテックに誤解を抱いていると教わったことがありました。
テックというと100m以上潜ったり、ミックスガス使ったり、そんなイメージです。でも最初は30mでレクリエーショナルダイビング以上に長く楽しむために、減圧潜水を学ぶ、なんていう小さなところからやってみれば良いと教わり、自分もテックを誤解していたなと思いました。

吉野
吉野

確かに、そう言われると似ている側面があるかもしれませんね。

吉野
吉野

ってか環境がテーマじゃなくて大丈夫!?(笑)

細谷
細谷

では環境の話をしましょうか。(笑)
何か取り組んでいる事はありますか?

吉野
吉野

そういわれると難しいんだけど…

細谷
細谷

そうですよね。
自分の話をしてしまうと、実は環境保護活動って好きじゃないんです。開催側がこんなことを言ったら怒られてしまうかもしれませんが。
でも、そんな僕でもゴミ袋が飛んでいけば走って追いかけるし、船の上で弁当を食べるときは最初に飛びそうな物を捨てる。そんな小さなことだって立派な環境保護で、小さなことだからこそ多くの人に広まって欲しいと考えています。

吉野
吉野

確かにダイバーなら当たり前にやっている行動ですね。
船の上での食事と言えば、食器を海で洗ったりすることはしないようにしていましたね。石垣時代の話ですが。
人間が食べるものなのでプラスチックなどの様な環境負荷を与えることはないと思いますが、やっぱり油が海に浮いていたりするのは気になってしまって。

細谷
細谷

そうですね。食器を海で洗うのが良いか悪いかという話ではなく「これって良いのかな?」と考えることが大事ですよね。

吉野
吉野

石垣時代を考えてみると、極力アンカーを投げ入れないなんてことも、環境を意識していたと言えるかもしれません。
サンゴを折らないということはもちろんですが、根にかけるとしても、突然アンカーが降って来たら、そこにいる生物はどうなるんだよ、と思ってしまって。

細谷
細谷

やはり、ダイバーは知らず知らずのうちに環境への意識は高くて、みんなそれに自分で気づいていないだけな気がしますね。
今回のOnline Diving EXPOを通して、気づくきっかけになってもらえれば嬉しいです。

吉野
吉野

そうですね。以前インドネシアのレンベに行った時、世界の環境意識の高さに驚きました。船の上で現地の方に1時間以上、プラスチックについて語られましたよ(笑)

細谷
細谷

以前タイではサンゴを傷つけたダイバーが逮捕されたなんてニュースもありましたね。

吉野
吉野

はい、日本で逮捕なんてありえないですもんね。そういう意味では自分もちょっとしたことなら今でもやっている気がします。
すぐに思いつくのは水中の釣り糸ですね。ものすごく気になるので必ず回収しますし、ダイビングエリアで釣りをしようとしている人を見かけると、容赦なく「そこ釣り禁止ですよ!」って注意しています。
釣りをしていたら当然根がかりすることはあるし、そうなったら糸を切るしかないし、海の中にプラスチック製の釣り糸が残ることになる。釣りってあまり好きになれないですね。

細谷
細谷

共存共栄も大事だと思います。(笑)
今回の出展者紹介で鹿児島のSBさんがその辺りの話をして下さっているはずなので、見てみてください(笑)

吉野
吉野

釣りが絶対悪という考え方は危険ですよね。見てみます。

細谷
細谷

喧嘩をする必要はありませんが、ダイバーのちょっとした気配りが、海全体にいい影響を与えてくれると良いですよね。
今は小さな動きでも、このOnline Diving EXPOが少しでもその力になれればなと思っています。
今日はありがとうございました。当日もよろしくお願いします!

吉野
吉野

そうですね。みんなで楽しく頑張って行きたいですね。ダイバーのみなさん、当日ブースでお待ちしています!

ダイビングハウス トラウムスクーバ
北は宮城県女川から南は沖縄県石垣島まで、様々な海でのガイド経験を持つ吉野さんがオーナーをつとめる、東京都、吉祥寺のダイビングショップ。
ドイツ語で「夢」という意味のTraum(トラウム)という名前には、お客様にアットホームな雰囲気の中、楽しく夢のような水中世界を体験してもらい、最高の思い出を作って頂きたい、という想いが込められている。

お店のホームページ
https://www.traumscuba.com/

We interviewed Mr. Yoshino, the owner of Traum Scuba located in Kichijoji, Musashino, Tokyo.

Hosoya: Tell me about your shop.

Yoshino: Traum was opened in Nov. 2017, so this is the 4 th year. I have a shop concept “Feel the ocean even in the City limit” and focus on keeping a homelike atmosphere.

Hosoya: What do you exactly mean by “a homelike atmosphere”?

Yoshino: Actually, once someone gave me an advice that I should not have “a homelike atmosphere”. However, I believe it is one of the important factors to enjoy diving and I want to have it as my shop’s concept. Some divers of course don’t like “a homelike atmosphere”. It is a very personal choice.

Hosoya: You have a very interesting carrier, don’t you?

Yoshino: I believe I have enough field experiences even I live in the city.

Hosoya: I know you used to be a professional soccer player in Germany…. Wondering how your diving carrier has started?

Yoshino: Oh, yes I was. I started my professional diving carrier in Zamami Island. I was young at that time and I couldn’t forget my dream being a professional soccer player. I got a contract with a club team and moved to Germany. I didn’t dive at all in Germany.
After returning back to Japan, the first shop I worked for was Unarizaki Ishigaki in Ishigaki island. Then I moved to Hayama to work for dive shop NANA. After that, I was head-hunted by High Bridge in Onagawa (Miyagi). NANA san suggested me to go on, so I moved and worked in Onagawa as a guide. And after that I opened my business here.

Hosoya: There are many experienced dive guides in Southern area, but there are not so many guides who experienced both South and North area of Japan.

Yoshino: Right. My confidence of being a guide for photographers or approaching to the sea creatures are based on my wide-range experiences in different types of ocean.

Hosoya: What is the recent high priority for your shop?

Yoshino: I’ve just started this, but I am putting effort toward to diving for people with disabilities. When I was in Ishigaki, I had an opportunity to support people who had hearing and lame leg disabilities. They told me that there are not many dive shops who accept and support divers like them. Since then I started having interests in supporting disable divers.

Hosoya: I see

Yoshino: After having my own shop I have started researching more. Supporting system is not well structured at all but I found an organization called HAS who is trying to establish the system. I had no idea that people lost visions can scuba dive.

Hosoya: Hearing loss may not be a major problem in the water, but not seeing anything would be hard to dive, I guess.?

Yoshino: With all my respect, it is amazing what blind people can do nowadays! They are so active! More active than myself! Not only diving, they surf, rock climb, communicate thru messenger by using smart phones, and uploading pictures on facebook…..

Hosoya: Uploading pictures?

Yoshino: Yes, look these (showing pictures). Very actively sharing their pictures showing them having fun. I want them to enjoy diving more. Providing more opportunities by establishing support system is my goal. It doesn’t sound easy to support people with disabilities but starting something small can be a good first step.

Hosoya: It could be very similar with technical diving. When I had an opportunity to talk with technical diving training organization, they mentioned me that many people have wrong impression about technicality. Most people have a “technical” image as a deep diving over 100mm or using mixed oxygen. Instead, you can start something small, such as learning more about decompression diving to enjoy 30m depth with longer airtime. That is totally a technical diving. I realized that I had wrong impression also.

Yoshino: You are totally right. It is a similar situation.

Yoshino: Shouldn’t we talk about environment??

Hosoya: Right…..we should. What do you do for environmental conservation?

Yoshino: Well… not much to tell…

Hosoya: I totally understand. To be honest, I don’t like the environmental conservation activities. I shouldn’t say it out loud as an Expo promoter. However, I chase a trash bag if it is flying out, pick up things may fly out to the ocean on the boat…… Small actions like these can protect environment and I believe it would be easy for everyone to follow.

Yoshino: That is true. These are natural actions for divers. Talking about serving lunch, when I was working in Ishigaki Island we didn’t rinse dishes on the boat. Even it is organics I hesitated to see the oil floating on the ocean.

Hosoya: I feel it. Rinsing them in the ocean is good or bad? -that is not a point. Most important thing is to stop and think about it.

Yoshino: Thinking back my Ishigai days, avoiding using the anchor as much as possible was a part of ocean conservations. Protecting the corals of course, but also the sea creatures living on the reef or rock could get hurt by an unexpected anchor.

Hosoya: I believe that divers are naturally environmentalist without knowing. It would be nice to have an opportunity to recognize it thru the Online Diving Expo.

Yoshino: I agreed. When I went to Lembeh Island in Indonesia, I was surprised on their high level of awareness for environment. They lectured me how bad the plastics are for over one hour on the boat!

Hosoya: I saw a news that a diver was arrested because of damaging corals in Thailand.

Yoshino: It won’t be possible in Japan. I may be doing the same here and there sometimes. The fishing lines are creating problem. It bothers me a lot, so I always collect them. Sometimes I give anglers a warning when they are fishing in banned area. The fishhooks easily get caught around rocky area. Only way you can release is to cut a line. I don’t like seeing plastic fishing lines left behind in the ocean.

Hosoya: It is also important that we all share the ocean space. The dive shop SB from Kagoshima was talking about it in EXPO video interview. That would be interesting for you to watch.

Yoshino: Yes. I don’t want to say that all fishing activities are bad. I am going to watch their interview.

Hosoya: We don’t need to hate each other. I hope the small actions divers take affect on ocean environment overall. Starting something small, an event like Online Diving Expo can help us leading toward to that direction. Thank you so much for joining me today. I am looking forward to seeing you again at Expo.

Yoshino: Yes, Let’s keep it up and have fun. Divers, please come and visit my booth at Expo!

Diving House Traum Scuba:
With an extreme dive guide experience from the North – Onagawa, Miyagi to the South – Ishigaki, Okinawa, Mr. Yoshino welcomes you at his dive shop in Kichijoji, Tokyo.
Traum means “DREAM” in Germany. A homelike atmosphere he creates gives you the best and enjoyable underwater experience and memories.

Dive shop web site: https://www.traumscuba.com/

タイトルとURLをコピーしました